GoogleMapを商用利用で使う

  • Google Mapを商用利用するには

    • 調べたい場所をすぐに調べることができてとても便利なGoogleMap。

      個人的に使ったことのあるという方も多いと思いますが、ビジネスの場面でも利用したいという方も中にはいるのではないでしょうか。GoogleMapの商用利用についてどのような決まりがあるのでしょう。


      利用規則をみてみると、営利目的(=販売または収益を得ることを目的とした使用)で使用する場合にはGoogleCloudカスタマー担当者に問い合わせるように記載してあります。

      不動産販売会社がGoogleMapを利用して物件や周辺の情報を顧客にわかりやすく伝えるシステムを導入した例もありました。

      商用利用の中でも、映画やテレビ番組での使用の場合は少し異なってきます。その場合には、無料の放送用ライセンスを取得する必要があります。ただし、俳優がスマートフォンでGoogleMapを閲覧する短いシーンを撮影するといった場合には、放送用ライセンスを取得する必要はありません。

      GoogleMapの商用利用の最新情報が揃っています。

      また、オンライン配信ではライセンスは不要です。

      直接的に収益を上げるものではないマーケティング資料、販促資料、学術誌などは、お問い合わせの必要はなく利用できます。



      しかし、ガイドブックなどの道案内を目的とする印刷物や、商品や商品パッケージなどの物品、印刷広告への利用は、商用利用かそうでないかに関わらず不可能となっています。



      いずれの場合でも、実際に利用する際には必ず権利帰属を明確に表示しなければなりません。
      規則をきちんと理解し、正しく利用していきましょう。